ふろウラ Flowllah

Just another WordPress.com site

Archive for May 2014

地図が読めない女

leave a comment »

きのう同じ部署で働くソマリ女性から「わたし、地図が理解できないんです」と言われて驚いた。 来週に予定されている催事の打ち合わせ中、会場近辺の地図をモニターに出力した時に彼女が発した言葉だった。 その場での彼女や同僚たちの態度から察するに、地図が読めないことは(少なくとも私の現在の勤務先においては)珍しいことではない様子。むしろ、彼女は地図が理解できないことを堂々と宣言していたように思う。

「地図が理解できない」ということはどういうことか。「地図が読めない」という状況が私には理解できない。 地図は視覚情報だから「見れば分かる」はずではないのか。案の定、地図を拡大して(google map だったので)彼女がよく知っている周辺を表示させてみた途端「ああ、ここが首相府でここが病院」と、地図を即座に理解していた。

地図をシンプルに説明するならば「対象物を上空から眺めるかのように配置して、それぞれの位置関係を視覚的に表示したもの。多くの場合、地図の上が北となっている」であり、ほとんど直感的に理解できるものだと思う。 彼女も地図を拡大した途端、その情報を即座に理解していたので、地図はやはり「見れば分かる」便利なものなのだ。 にも関わらず「自分は地図が理解できない」という彼女の思い込みはどこから来るのだろうか。

この国に暮らす多くの人は、日常生活に必要な場所の位置関係はすでに頭のなかに入っているから、地図を見る必要(機会)がほとんどない。学校で地図の読み方を教わることもない。実際、この国で普通の生活をしている限り地図への需要は少ないはずなので、供給もまた増えないのだろう。赴任したとき、部署の同僚が一人として業務に関する詳細な地図を持っていなかったのも、そうした地図への依存度の低さ、需要の低さが背景にあるように思える。

彼女にとって地図は「使う機会の少ない、あまりよく知らないもの」だったのだが、それが彼女のなかで「知らないもの=理解できないもの」という勝手な思い込みに繋がっていたのではないだろうか。実際には、即座に理解できるだけの力を彼女は持っていたのにも関わらず。

自分自身の思い込みにより、自分の能力を無意識のうちに削いでしまっている事が自分にもあるのではないか、と考えさせられる一幕だった。

Advertisements

Written by Flowllah

May 30, 2014 at 08:27

世界のナカタ

leave a comment »

お金を引き出しに行ったハルゲイサの銀行は、その日が祝日だったこともあり、客足はまばら。 窓口のお兄さんもたいそう暇そうで、初対面の私に親しげに話しかけてくる。

「中国人?日本人?  あ、日本人か。サッカーのナカタ、知ってる?」

今でも「有名な日本人サッカー選手」といえばナカタなのだろうか。ホンダではないのか?果たしてこのお兄さんはあまりサッカーのことを知らないのかな、と思いつつ「ナカタは数年前に引退したよ」と教えてあげたところ「なんだって?暗殺か?それとも交通事故?」と驚いていた。驚いたのはこっちのほうなのだが「いや、引退したんだ。プロとして競技することを止めたということだよ」と追加説明して、ようやく分かってもらえた(ようだった)。

誰かが(それまでいた場所から)いなくなることが、すぐに暗殺とか事故を連想させるところに、この国の事情を垣間見るようである。

Written by Flowllah

May 3, 2014 at 07:33