ふろウラ Flowllah

Just another WordPress.com site

Archive for the ‘ニュース雑感’ Category

中国はアフリカでも人気者

leave a comment »

アフリカとの経済的結びつきを国別にランキングしたグラフを見かけた。このグラフの主旨は「米国と中国の競争がアフリカでも激化している」ということなんだけど、グラフの数字を注意深く眺めれば、アフリカへの投資、政府開発援助、貿易の総額で見ればもうぶっちぎりで中国が一番ということが分かる。中国とアフリカの関係は古く、1960年代からアフリカの各地で中国が道路や鉄道を整備して、着実に関係を築いてきたことを考えれば、むしろ米国のほうが新参なのだ。

ビジネス相手としての中国の人気はアフリカにおいても高い。私の同僚(ソマリ系英国人)の説明によれば「中国人とのビジネスは分かりやすくて早いから」ということだった。「中国人は取引上の約束は必ず守る。お金のやりとりも早い。しかも人権とか環境とかうるさいことを言わないから物事がとても早く進行する」のが人気の秘密だという。とても納得できる説明だし、ここに中国の競争力の源泉があるように思う。「たとえば道路を作ろうとしたとき、米国や欧州が相手だととても長い時間がかかる。調査ばっかりやった挙句「できません」という結論になることも多い。それに比べて中国が相手だと、あっというまに道路ができる」のだ。

まさに「人権や環境」に手足を縛られた欧州や米国からすれば、アフリカ・ビジネスにおける中国は手強い競争相手に違いない。しかしアフリカの人たちにとって中国は「欲しいものをすぐにもってきてくれる貴重な取引相手」なのだ。アフリカの紛争地にじゃんじゃん武器輸出をしているのは頂けないが、ビジネスを通じてアフリカの長期的な安定と発展に寄与する中国の存在は、さらに歓迎されていくのだろうと思う。

Written by Flowllah

August 8, 2014 at 19:08

Posted in ニュース雑感

アフガニスタン優勝しました

leave a comment »

9月11日にカトマンズで行われた南アジアサッカー (South Asia Football Federation Championship: SAFFC) の決勝戦で、アフガニスタンがインドを 2-0 で破って優勝した。前回(2011年)の決勝でインドに惨敗(0-4)したアフガニスタンにとって、悲願の雪辱。南アジアはサッカーよりクリケットが盛んであることや、参加 8 チームのすべて(アフガニスタン、バングラデシュ、ブータン、インド、モルジブ、ネパール、パキスタン、スリランカ)がサッカーではパッとしないとはいえ、堂々たる南アジアチャンピオンである。アフガニスタンにとって素晴らしい出来事だ。

優勝が決まったのが午後 7 時ころ、その瞬間からカブールは狂喜につつまれた、というか呑み込まれた感じ。喜びのあまり自分たちを抑えられない感じのアフガン人のお兄さんたちが車にハコ乗りになって絶叫しながら市内を巡回していた、なんてのはまだ序の口。 ほどなくして無数の銃声があちらこちらの方向から聞こえてきた。最初は爆竹かと思ったけれど、やはりというか心配したとおり、お祝いの実弾射撃だった。屋上へ出て仰ぎ見ると、ものすごいスピードで飛ぶ無数の赤い小さな点がカブールの夜空に吸い込まれていく。あまりお目にかかることのない幻想的な光景を眺めながら、放物線の終わり誰もいないことを願った(赤く光るのは曳光弾だけなので、実際には見えている以上の銃弾が飛び交っていたはず)。 自宅周辺にこれだけの小銃と弾丸が蓄えられていたということに多少のショックを感じながら。翌日同僚から聞いたところによれば、小銃だけでなく RPG (ロケット推進の榴弾)を市街地で発射した大馬鹿野郎もいたとのこと。物騒すぎる。

ナショナル・チームがスポーツ大会で優勝することは、その国民を大きく元気づけるのだろう。前回の東京オリンピックで日本の女子バレーボール・チームが優勝したことが、どれだけ日本の人たちの自信回復になったのか、少しだけ分かったような気がした。アフガニスタンの前途は 1964 年時点の日本の前途とくらべると途方もなく険しいけれど、これからもスポーツや芸術・科学などいろんな分野で活躍する人がでてきて、ノーベル賞でもフィールズ賞でもどんどん受賞して、アフガニスタンを元気にしてくれればいいなと思う。

Written by Flowllah

September 14, 2013 at 11:51

台湾の女子学生制服マップ

leave a comment »

絶対永久保存という厳命でしたので、従わないわけにはいきません。

金門・馬祖にも女子高があった、ということに不意打ちを食らったような衝撃を感じる。冷静に考えてみれば高校くらいあって当然なんだけれど、金門島や馬祖島でもごく普通の暮らしが営まれているということを想像したことがなかったのだ。これはますます、金門・馬祖に行ってみる必要がありそうだ!この女子学生たちをもってすれば、福建省沿岸部に対する和平演変も容易だろうと想像する。

名門「北一女中」つまり台北市立第一女子中学校、かつての臺北高女、の制服が緑色だったというのも知らなかった。勉強不足だ。もっと学習して正しい思想を身につけねばなるまい。そういう思想学習なら寝る時間を惜しんででも頑張ります。

臺北高女は台湾が日本の植民地となってからわずか9年後の1904年の創立。当初から女学校だった。当時の総督は児玉源太郎だったが、軍人としての職務(日露戦争)に忙しかった彼は総督としての実務をほとんど後藤新平にまかせていたので、臺北高女も後藤新平のプロジェクトだったのかも知れない。臺北帝大の開学が1928年だったことを考えると、その先進性が窺い知れる。

それにしても卒業生の錚々たる顔ぶれ。「橄榄树」の三毛もこの学校の出身だったのか。龍應台もこの学校だと思っていたけど、調べてみたら彼女は台南女中でした…。

また台湾へ行きたくなってきた。いますぐ行きたい。

Written by Flowllah

June 6, 2013 at 13:57

女子高再襲撃

leave a comment »

きょうは初めての International Day of the Girl Child だったのだけれど、昼すぎに「バーミヤンの女子高が爆破された」という知らせが届いた。第一報をくれたのはトロント在住の友人で、逆にバーミヤン勤務の同僚からは何の連絡もなかった。「ってことは、それほど大きな事件ではないのかもしれない」というのが私の最初の反応。事件や事故が起こったとき、外にいる人たちは大げさに反応する傾向があるからだ(それに対して、内にいるひとたちは事態を甘くみる傾向があるので要注意)。 とりあえず即バーミヤンに電話。

「そうなんだよ、爆破されたんだ。いまから様子を見てくるよ!」「いや、行かなくていいからww!誰がいるか分からないし、まだ何か起こるかもしれないだろう?安全確認が終わってこちらから指示するまでおとなしく待機してくれ」と伝える。

ネットで検索すると、一件だけ、パキスタンの新聞社のサイトに載っている記事が引っかかった。写真では建物は粉々になっていたけれど、死傷者についての報道はない。怪我人もいないのだろうか(後に、校舎には誰もいなかったのでけが人もなしと報道された)。

平和でのどかなバーミヤンにおいてすら学校が狙われるようになったとすると厄介だが、場所が場所だけに、本当にテロなのか信じがたい。地元の警察署長はさっそく新聞に「これはタリバンの仕業だ」なんて言ってたけれど、バーミヤンでタリバンによるテロがいま突然起こるとは考えにくい。「誰もいないところを爆破した」ということから、その学校をめぐってなんらかの利益の衝突が村内にあって、利益にありつけない側が校舎爆破の挙に出たとか、またはタリバンの犯行に仕立てることでなんらかの益を得るグループ(たとえば警察署の予算増とか)がやったとか、そんなところじゃないかと私は思う。

その背景はどうあれ、先日も (日本ではほとんど報道されてませんが)パキスタンの Swat Valley で14歳の女の子がタリバンに頭を撃たれたばかりだし、女子教育を執拗に攻撃する事件が立て続けに起こっている。しかし私はなぜ彼らが女子教育を標的にするのか、いまいち理解できないのだ。自分の不勉強を棚にあげるようだが(実際そうだが)、彼らも実は分かっていないのではないか。英米をはじめとする外国勢力が女子教育の重要性をさかんに強調していることが、英米に敵意を抱いているグループを女子教育への攻撃に向かわせているのかもしれない。「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」的な。

ところで爆破された学校は、わが社が数年前に校舎を建てた学校っぽいですまじですか(確認中)。 事前調査であの村に訪れたときに「なんだお前は!ワッハーブ派か?」と村のおじさんにあらぬ嫌疑をかけられたことが深く印象に残っています。

Written by Flowllah

October 11, 2012 at 18:37

海兵、タリバンにおしっこ

leave a comment »

http://www.bbc.co.uk/news/world-16538159

殺害したタリバン兵の死体にアメリカの海兵がおしっこをかけている映像がネットに流れて大騒ぎになっているけれども、そのニュースを一緒に見ていた同僚は「起こるべくして起こったことだし、いままでだってずっとこういうことが行われていた」と、冷静なコメントを述べていた。「兵士たちは敵を殺害しなくてはならない。軍隊では敵を人間だと考えるなと教えられる。相手も人間であることを思い出してしまうと、現場での戦闘に影響するからだ。相手を動物以下の生き物と考えるように訓練された結果、死体におしっこをかけることなんてごく当たり前のことになる」。

ということで、今回の一件は「戦場の兵隊が敵兵の死体におしっこをかけた」ことがニュースなのではなくて、「その映像がネットに流出した」ことがニュースなのだと考えるほうが適当だろう。または「戦場の兵隊が敵兵の死体におしっこをかける」ことが日常となっている現場と、そうした行為が言語道断の非人間的なものに映るお茶の間との意識の差がニュースになっている、とも言える。

ワシントン DC では、さっそく国防長官や国務長官が海兵の行為を非難するコメントを出した。「彼らの行為は、米国軍人の規範から大きく外れたものであり、許すことはできない」という国務長官のコメントは、もちろん一般向けの建て前コメントに過ぎず、新兵教練ではこれまでと同じ指導がこれからも続くだろう。だから、これからも「敵」に対する「非人間的な」扱いもなくならない。そもそも相手の人間を殺害することほど「非人間的な」行為はないのだから、おしっこかけたくらいで大騒ぎすること自体が滑稽だ。

Written by Flowllah

January 13, 2012 at 11:33